FUJITSUBO SINCE 1931

藤壺自動車工業 福岡県粕屋郡篠栗町乙犬996-5 TEL:092-947-4411 

  • トップページ
  • 店舗紹介
  • 業務案内
  • 藤壺コレクション
  • ロケ・イベント情報
  • お問い合わせ

HISTORY 藤壺のあゆみ

ホーム » レースの歴史:概要

レースの歴史:概要

 
 
 

 

 

戦前のオートバイレース

 

 昭和8年にこつこつと蓄えた30円の金を手元に地元福岡で藤壷モータースを設立し、オートバイや自動車の販売修理業をはじめました。
主なお得意先は医者と近くにあった魚河岸に出入りする魚屋で、現在と違ってそれらを修理できるところが殆どなかったので、商売そのものは順調でした。
こうした商売のかたわら、兄勇はオートバイのエンジンやフレームをチューニングする研究を行っていましたので、近隣のオートバイ仲間とも付き合いが広がりました。
初レースは四国の観音寺で行われたレースで、この時はインディアン750ccを操り優勝しました。この当時のオートバイレースは各地のグランドなどで開催され、コースはダートでそこを周回するスプリントレースでした。主催者は地元のモーターサイクルクラブや新聞社などで、出場者は各地の名だたるドライバー達でした。

 また、兄勇はこの頃すでにハイコンプレッション.ピストン、ハイカムシャフト、ビッグバルブ、ギアレシオのセッティングなどを採用していました。もちろんこの当時はスポーツキットやオプション部品などは存在しないので、ハイコンプレッションピストンはノーマルのピストンの頭頂部に肉盛り溶接し、ビッグバルブは九州飛行機(渡邉鉄工所)やその関連会社から航空機エンジン用の大径バルブを探してきて加工し、ハイカムシャフトはカムのリフト部に肉盛り溶接をしていました。この技術や発想、採用は日本国内初のもので、当時、チューニングという考えすらなかった時代にすでにオートバイに搭載していましたので、各地のオートレースで連戦連勝を飾りました。

レースの歴史:概要

昭和22年、全日本オートバイ選手権大会で優勝した弟の勝選手。左端は兄の勇。戦後になると兄弟でレースに参加するようになりました。

レースの歴史:概要

昭和25年頃オートレーススタート風景。右から2番目、勝会長

レースの歴史:概要

昭和22年、福岡モーターサイクルクラブの広島遠征記念写真。

レースの歴史:概要

昭和25年頃オートレーススタート風景。手前、勝会長

レースの歴史:概要
戦前からレース活動をしていた兄の藤壺勇選手の表彰式。昭和21年頃。
レースの歴史:概要
昭和3年式ハーレーと藤壺勝会長

 

 

戦後のオートバイレース

 

 昭和20年に戦争が終わると物資の乏しい時代ではありますが、オートバイレースの再開という機運が高まり、その中心となったのが戦前から活躍していた各地方の常連メンバーでした。


現在残っている記録は、昭和22年に福岡中学校の校庭で行われた第1回全日本オートバイ選手権争奪戦が、西日本では戦後初のレースとされています。
兄勇はこのレースで1級を2レース制覇し、3級でも2位という好成績を残しました。このレース以降、オートバイレースは各地でやつぎばやに開催され、それに積極的に参加しました。


昭和22年6月に全国オートバイ競技大会(広島)、7月に国際親善オートバイレース(福岡市民グラウンド)、そして京都でも11月に全国オートバイ競技大会が開かれ、兄勇はこれらのレースに1000cc以上という1級に出場し、ことごとく優勝という記録を残しました。

藤壺兄弟のオートバイレースの成績
藤壺勇の成績(福岡藤壷モータース時代)
昭和11年  第1回西日本モーターサイクル競技会 2級車  優勝
昭和13年 多摩川全日本オートバイ選手権   2級車 3位
昭和15年 機械化国防訓練全日本自動自転車競争大会  3級車 優勝
昭和16年 機械化国防訓練全日本自動自転車競技大会 4級車 3位
昭和16年 機械化国防訓練全日本自動自転車競技大会 5級車 優勝
昭和16年 機械化国防訓練全日本自動自転車競技大会 2級車 優勝
昭和16年 機械化国防訓練全日本自動自転車競技大会 4級車 優勝
昭和16年 機械化国防訓練全日本自動自転車競技大会 2級車 優勝
昭和17年 機械化国防思想普及大会  4級車 3位
昭和22年 第1回全日本オートバイ選手権争奪戦大会 1級車 優勝
昭和22年 第1回全日本オートバイ選手権争奪戦大会 3級車 優勝
昭和22年 全日本オートバイ競争大会  1級車 優勝
昭和22年 国際親善オートバイ競争大会 3級車 優勝
昭和22年 全日本オートバイ競争大会 1級車 優勝
昭和23年 鹿児島県福山FAB協会記念競争大会 1級車 優勝
昭和24年 全日本オートバイ競争大会 1級車 優勝
昭和25年 長崎県第1回オートMC選手権 1級車 優勝
昭和25年 長崎県第1回オートMC選手権 1級車 優勝
昭和25年 第3回船橋オートレース場 1級車 優勝
藤壺兄弟のオートバイレースの成績
藤壺勝の成績(復員後のレース成績)
昭和22年  全日本オートバイ選手権大会  優勝
  第1回大牟田オートレース大会  優勝
  飯塚市全国オートレース大会 優勝
  佐賀県全日本オートバイ選手権大会 優勝
  唐津市全日本オートバイ選手権大会  優勝
  広島県全日本オートバイ競争大会  優勝
昭和25年 佐賀県第1回オールMC選手権競争大会 優勝

 

 

MRCFのレース活動

 

 昭和26年に兄勇が神奈川県横浜市に居を移し藤壷技研工業を設立すると、福岡の事業は弟勝の単独事業になりました。やがて現社長巖もモータースポーツを積極的に参加するようになり、ダイハツフェローやホンダZをフルチューンして、西日本サーキット(美祢)や、自動車学校などの練習コースなどでジムカーナに出場し、数々の好成績を残しました。

  また、神奈川県横浜市の藤壺技研工業の藤壺勇会長の助言をうけて、福岡にMRCF(マスタリーレーシングクラブ・フクオカ)というレース組織を昭和43年に立ち上げ、公認レースを運営するようになり、150~200台程の参加車輌が競技場に集合しました。

レースの成績
藤壺巖の成績(昭和時代)
昭和44年 ブリジストンタイヤ杯No9 ASKジムカーナ  総合2位
昭和44年 ブリジストンタイヤ杯ジムカーナ全九州チャンピオン決定戦 総合3位
昭和44年 JAF公認T1クラスMRCFジムカーナ 優勝
昭和44年 JAF公認ブリジストンタイヤ杯争奪ジムカーナ 優勝
昭和44年 ブリジストンタイヤ杯ジムカーナ全九州チャンピオン決定戦T1クラス 優勝
昭和44年 三田川ジムカーナT1クラス 優勝
昭和44年 ブリジストンタイヤ杯ジムカーナT1クラス 優勝
昭和44年 フクシン賞T1 RCCHジムカーナ 1位
昭和45年 ブリジストンタイヤ賞九州地区大会 1位
昭和45年 RCCHジムカーナスバル賞T1クラス 1位
昭和45年 RCCH.SCCK連合ジムカーナT1クラス 準優勝
昭和45年 ブリジストンタイヤ賞九州地区決勝大会 優勝
昭和45年 RCCH.RA15ジムカーナT1クラス 1位
昭和45年 トヨタカローラ福岡杯ハイスピードジムカーナ 総合3位
昭和45年 モービル石油福岡九州地区決勝大会 総合優勝
昭和46年 ASC長州西日本倶楽部対抗チャリティジムカーナ 1位チーム賞
昭和46年 ブリジストンタイヤ杯ハイスピードジムカーナMRCF 優勝
昭和46年 九州倶楽部連合ジムカーナMクラス 優勝
昭和46年 JAF九州倶楽部連合結成記念ジムカーナT1クラス 3位
昭和46年 MRCF新春ジムカーナMクラス 優勝
昭和46年 JAF公認北九州レーシングG杯SCCKハイテクニカルジムカーナMクラス  1位
昭和46年 サヨナラチャンピオンジムカーナRCCK.Mクラス 3位
昭和46年 JAF公認MRCFジムカーナ 総合優勝
昭和47年 第16回ジムカーナRCCK.Mクラス 準優勝
昭和47年 JAF公認準国内競技SCCK第3回Mクラス 準優勝
昭和47年 JAF九州倶楽部連合会第4回オール九州ジムカーナMクラス 準優勝
昭和47年 JAF公認クローズド競技TBKハイテクジムカーナMクラス 優勝
昭和47年 JAF公認クローズド競技オール日産サマージムカーナBクラス 優勝
昭和47年 制限付招待競技BS杯秋の自動車競技大会Mクラス 優勝
昭和47年 第1回発足記念ジャンボトロフィ杯AFCK.Mクラス 優勝
昭和47年 JAF公認クローズド共石杯争奪ビッグサマージムカーナT1クラス 第2位
昭和47年 MRCFジムカーナ 総合3位
昭和47年 第17回ジムカーナRCCK.Mクラス 第3位
昭和47年 MRCFジムカーナ 総合1位
昭和47年 スプリングジムカーナT1クラス 第3位
昭和47年 SB杯MRCFジムカーナT1クラス 3位
昭和47年 第18回ジムカーナRCCK.Mクラス 準優勝
昭和48年 JAF公認制限付九州チャンピオンシリーズ第6戦ハイスピードジムカーナ  3位
昭和48年 JAF公認制限付招待競技第1回SCCKジムカーナ九州CシリーズMクラス 第3位
昭和48年 JAF九州倶楽部連合会主催第5回オール九州ジムカーナMクラス 第3位
昭和48年 JAF公認準国内競技BS杯九州チャンピオンSR3.SCCN北九州.Mクラス 1位
昭和48年 MRCFジムカーナMクラス 優勝
昭和48年 九州倶楽部連合ジムカーナチャンピオンシリーズMクラス 第3位
昭和48年 JAF公認制限付招待競技第2回SCCK.九州SCC.Mクラス 第2位
昭和48年 第20回ジムカーナRCCKグランプリMクラス 優勝
昭和48年 JAF公認制限付九州Cシリーズ第7戦ハイスピードジムカーナMクラス 準優勝
昭和49年 JAF公認制限付競技BS-RA500.TBKレースNo1・Mクラス 第5位
昭和49年 ジムカーナ2周年記念スポニチゴールデンカップ争奪戦Mクラス 準優勝
昭和49年 JAF公認制限付競技マスタリーシルバーカップレースT-2クラス 3位
昭和49年 西日本フレッシュマンレースシリーズ3.Mクラス 優勝
昭和49年 厚保フレッシュマンレースシリーズ第3戦Mクラス 第4位
昭和50年 ムサシマスターズレースMクラス 準優勝
昭和50年 JAF公認西日本フレッシュマンレースNo3.Mクラス 優勝
昭和50年 中国、九州地区選手権自動車レース大会Mクラス 第4位
昭和50年 西日本フレッシュマンレース第2戦Mクラス 準優勝
昭和50年 西日本オールスターレース.レース区分360 3位
昭和50年 西日本グランド200チャンピオンレースMクラス 第6位
昭和50年 西日本フレッシュマンレースMクラス 優勝
昭和50年 西日本フレッシュマンレースNo1.Mクラス 優勝
昭和51年 中国、九州地区選手権自動車レースMクラス 準優勝
昭和51年 西日本フレッシュマンレース第1戦AMSC.Rクラス 準優勝
昭和51年 西日本フレッシュマンレース第3戦AMSC.Rクラス 準優勝
昭和51年 西日本オールスターレースHPC広島平和クラブ 第2位
昭和51年 西日本選手権レースAMSC.Rクラス 第6位
昭和52年 中国、九州地区選手権レースRクラス 優勝
昭和52年 中国、九州地区選手権レースAMSC.Rクラス 優勝
昭和53年 西日本フレッシュマンレースNo1.R-600クラス 準優勝
昭和63年 JAF加盟クラブ第1回ハイスピードジムカーナ贈マスタリーレーシングフクオカ会員一同

レースの歴史:概要

ダイハツフェロー、ドライバー社長巖

レースの歴史:概要

ホンダZ.美祢サーキット、社長巖

レースの歴史:概要

藤壺勝会長がジムカーナ車を製作。(ベース、フロンテ)

レースの歴史:概要

スバル1100 ff-1、ジムカーナ競技車。

レースの歴史:概要

スバル専属ドライバーの小関さん。

レースの歴史:概要

ホンダ1300クーペ.

最高速度240km.140ps/10000

レースの歴史:概要

国際競技運転者許可証

レースの歴史:概要

昭和45年、国際モータース(現、福岡スバル)の広告。西日本新聞

レースの歴史:概要

レースの歴史:概要

昭和44年、ブリジストンタイヤ杯ジムカーナ九州チャンピオン決定戦。新聞に紹介されました。

レースの歴史:概要

 

 

 

藤壺 巖社長 平成以降~の成績

 90年代になるとシビックRSやスバルff-1でジムカーナに参加し、トヨタ2000GTでラリーやデモラン、フェアレディZでオートポリスでの走行会に参加し、好成績を残しました。

レースの成績
藤壺巖の成績(平成時代)
平成2年 第1回北九州市長杯クラシックカーラリー 優勝 トヨタ2000GT
平成4年 第3回北九州市長杯クラシックカーラリー 優勝 トヨタ2000GT
平成6年 第5回北九州市長杯クラシックカーラリー 優勝 トヨタ2000GT
平成6年 BPクラブミーティングクラスGT-2 優勝 シビックRS
平成9年 CSCイン三井.クラス7A  優勝 シビックRS
平成10年 CSCイン三井.クラス7A 優勝2位 スバルff-1&シビックRS
平成11年 CSCイン三井.クラス7A  優勝 シビックRS
平成11年 ヒストリックチャレンジラウンド2.グループ4 2位 S30Zエイジ
平成12年 CSCイン三井.クラス7A  優勝 シビックRS
平成12年 ヒストリックチャレンジラウンド2.グループ4 3位 S30Zエイジ
平成13年 CSCイン三井.クラス7A  優勝 シビックRS
平成14年 CSCイン三井.クラス7A  優勝 シビックRS
平成15年 CSCイン三井.クラス7A  優勝 シビックRS
平成18年 第1回ツーリストトロフィ.in唐津 優勝 トヨタ2000GT
平成19年 第2回ツーリストトロフィ.in唐津 優勝 トヨタ2000GT
平成20年 第3回ツーリストトロフィ.in唐津 優勝 トヨタ2000GT
平成21年 第4回ツーリストトロフィ.in唐津 2位 トヨタ2000GT
平成22年 第1回K-Car3.5時間耐久 Nクラス 3位 セルボクラシック
平成22年 第5回ツーリストトロフィ.in唐津 優勝 トヨタ2000GT
平成23年

第6回ツーリストトロフィ.in唐津

優勝 トヨタ2000GT

レースの歴史:概要

CSC三井7A(ジムカーナ)で7連勝、シビックRS。

レースの歴史:概要

スバルff-1で優勝

レースの歴史:概要

北九州市長杯クラシックカーラリー(福岡県)で3勝、トヨタ2000GT 

レースの歴史:概要

2012年ツーリストトロフィ.イン唐津(佐賀県)で準優勝。

レースの歴史:概要

 F-Nipponデモラン、美祢サーキット(山口県)、トヨタ2000GT

レースの歴史:概要

フジツボS30フルチューンZエイジ.オートポリス(大分県)。

レースの歴史:概要

K-Car3.5時間耐久 Nクラス セルボ、HSR九州(熊本県)

九州運輸局長表彰店

有限会社 藤壺自動車工業

福岡県粕屋郡篠栗町乙犬996-5 TEL:092-947-4411